小陰唇がめくれあがるほど激しく自慰をしてしまいます

告白者 明菜(仮名) 26歳 会社員

私はある金融機関に勤務して丸4年になる女子です。

仕事もそつなくこなし、それなりに必要な人材として認められてはいますが、私生活は寂しい限りです。

もう2年も彼氏がいないということもありますが、まわりの女子の友だちもたいてい彼氏がいたり、そろそろ結婚も考えている子もいたりで、休日、一緒に出かける相手もかなり減ってきました。

出会いはありそうで、なかなかないものなんですよね。

きっかけ作りのイベントやパーティーに参加するのも億劫というか、面倒になってきているし。

といっても性的な欲求はかなりあり、2年もセックス無しで過ごしてきていることに、そろそろ我慢も限界だわ、と思ってしまうことも多いです。

そんな時、やはりしてしまうのが自慰です。

仕事の疲れもあるので、平日は、なかびぐらいにしかしませんが、週末の金曜日と土曜日、そして日曜日の夜と3夜連続で自慰をしてしまいます。

最近は、妄想だけでは物足らず、刺激を求めてスマホでいやらしいサイトの動画などを観ながらしてしまいます。

スマホならPCと違って、フトンに寝っ転がって観ることもできますし、休みの日の昼間に自慰をしたくなった時にも便利です。

母親がやってきても誤魔化すこともできるからです。

モザはかかっていますが、男優さんの大きなモノがかわいい女の子の中にズボズボ入っているシーンなんかを観ると、もうたまりません。

まるで自分がされているような感じで興奮してしまい、ちょっと大きめで飛び出して開いている小陰唇がめくれあがり、外陰部がよじれるほど指で擦ってしまいます。

元々、愛液も多いので、指や手の平が滑るほど濡れてしまい、最後は、ヴァギナに中指を入れ、中のすごく気持ちいい部分とクリトリスを同時に刺激し、下半身をピクピクさせてアクメに達してしまいます。

どこにも出かける予定のない日曜日の暇な時は、1日中、部屋着のままで、部屋に引きこもり、昼間にもしてしまうこともあります。

夜はそうでもありませんが、時間のある昼間だと、何度もしてしまうこともあります。

こんなことばかりしててはいけないと思いながらも、ついしてしまうんですよね。

たとえば、会社の人などは、普段、会社で見せている私の姿からは、想像もつかない淫らな、変態のような姿だと思います。

でも、これが人間の本来の姿なのかなって思ったりもして・・・。

本当は、セックスがしたくて仕方がないのですが、こればかりは相手がいないことにはどうしようもないことなので、当分は秘密のオナニーライフが続くのかもしれません。

→ 女性の恥ずかしい悩みブログランキング  → FC2 女性の自慰の悩みBlog Ranking

コソアソープ コソアソープ
女性器のしつこいたんぱく質汚れを落とし、ニオイも無臭に。女性器専用ソープ。

ジャムウハーバルソープ ジャムウハーバルソープ
女性器の黒ずみとあの嫌なニオイを完全に落としてくれる大人気石鹸。

ラポマイン ラポマイン
今まで何を使ってもダメだった方もこれで腋臭が消えた!女性のわきが対策クリーム。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析